便秘

 原因が便秘の場合、排便は不要なものを排出する行為ですから、その不要なものが排出されず溜まってしまえば有害物質として体に悪影響を及ぼします

 それが肌荒れの原因になってしまうのは、肌が同じ排出機能をしているからだと言われています。

 汗や二酸化炭素など不必要となったものは肌にある毛穴から出て行きます。その為、便秘により溜まった有害物質という毒素を毛穴から排出しようとし、その結果ニキビなどの肌荒れを引き起こすとされています。

  しかし便秘を解消するのは難しいことですよね。一人で解決しようとせずに漢方に頼ってみたり、最近では便秘を専門的に扱うクリニックもあるそうですから相談してみましょう。

食物繊維の摂取量を増やす

 食物繊維の摂取が便秘対策によいとされていますが、具体的に私自身が効果があった食物繊維は、きのこ類、ひじき、海草、納豆、などです。サプリメントとして摂取するには、ファイブミニなどの飲料水もあります。

 ただし、食物繊維だけを多く摂取してもはやり根本的な改善にはなりません。運動量(有酸素運動など)を増やす、規則正しい生活を送る、などが長期的に考えれば効果的であると言えます。