バリア機能の低下によって出来るニキビのケア方法

 バリア機能が低下し、外部からの刺激を受けることによってニキビが出来てしまう。それは立派な敏感肌です。敏感になってしまった肌にはなるべく刺激の少ないスキンケア、メイクを行ってあげることが大切です。

 アルコールやコットンなど、肌に刺激となるものは使わず保湿に重点を置いたスキンケアに切り替えましょう。

 また、バリア機能を向上させるのに必要な「セラミド」を摂取してあげましょう。

  セラミドとは、肌細胞の間に存在する成分で細胞と細胞を引き寄せ離さない、繋ぎ目のような役割をしています。このセラミドがあることで細胞に隙間ができないキメの細かい肌を作り出しているんです。

基盤となる肌作りを行う必要性

 保湿効果の高いスキンケアはニキビを悪化させると思われがちですが、このタイプのニキビ肌に従来のニキビケアをしては余計にバリア機能を低下させていくことになります。

  バリア機能を向上させることで刺激に負けない肌を作ることができます。この基盤となる肌作りを行わなければニキビは繰り返し出来てしまうのです。

  また、気づかずに間違ったケアを続けていると乾燥が更に進行して、重度の乾燥によるアトピー性皮膚炎を起こしてしまうかもしれません。また、埃やダニによるアレルギーにも肌の免疫がない為弱くなってしまいます。

 肌から刺激を受けやすい分、外出する際にはファンデーションなどで保護してあげることも必要となります。クリームなど重たいものや毛穴を埋めるようなファンデーションではなく、潤いがあり肌に負担がかからない軽いテクスチャーのものを使用してあげてください。

  リキッドタイプやジェルタイプのものは水分を多く含んでいるのでお勧めです。その際もなるべく低刺激性のものを選ぶことをお勧めします。